ホーム » 病院を探す » さくらい耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科
さくらい耳鼻咽喉科クリニック

〒761-8075  高松市多肥下町1549−1
TEL:087-815-3933
利用者の声1件

病院情報

高松市多肥下町、パワーシティーレインボー店すぐ近く。車椅子の患者様も安心して来院できるバリアフリー設計。顔面神経麻痺の治療も行っており、お母さんのような先生が親切丁寧に治療してくれるクリニックです。
高松市多肥下町、レインボー通り沿いの「ふーずらんど」を東に入るとすぐの所に位置します。近くにはパワーシティーレインボー店もありお買い物にも大変便利です。駐車場も18台完備で、入口から院内までは車椅子でも大丈夫なようにバリアフリー設計です。。

平成14年開院以来、町の「かかりつけ医」として診察を行ってきました。診療内容はいわゆる耳・鼻・のどの疾患は勿論のこと、めまいや顔面神経麻痺の治療も施行しています。

クリニックでは、成人以外に小児の患者様も多く来院しています。治療時には必ず患者様であるお子さんから「いつ・どこに・どんな症状が・どのように」という事を確認しています。これは正確な診療を行うためでもありますが、近年の「ことばの乱れ」や「活字離れ」が多い中で、きちんとした言葉で正確なコミュニケーションを取るためであり、これによって症状の自覚と健康管理にもつながるということです。他にも子供さんの挨拶など礼儀礼節も重んじています。これは子供さんだけに言えることではなく大人も同様ではないでしょうか。

院長は各科の先生方と交流をお持ちで様々な医療の情報交換を行っているそうです。耳鼻科以外の疾患についても、近隣病院(太田下町近辺)との連携を取っており基幹病院への紹介を行っています。

忙しい毎日ですが、趣味はゴルフ、山登り、音楽、映画鑑賞、食べ歩きだそうです。温かみのある喋りで、わかりやすく説明してくれる所は、まるでお母さんの様にも思えます。私も耳の調子が悪く相談した所、取材にも関わらず診察してくれました。私は耳を触られるのが苦手でしたが、不安なく診察は終わりました。これが、さくらい耳鼻咽喉科クリニックの診察であり特長ではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る

院長あいさつ

院長 櫻井 康子
院長 櫻井 康子

医院は高松市の郊外の振興住宅地に位置する多肥下町に平成14年に開院しました。建物は車椅子も入れるようにバリアフリーにし、トイレ、洗面台も車椅子用にしています。病院とは違い、買い物ついでに入れる平屋でいつもすぐ顔が見えるように間取りも考えました。
耳の検査では、標準純音聴力検査、ティンパノメトリ、耳小骨反射検査、耳X線検査、鼻の検査に、X線検査、軟性ファイバー、アレルギー性鼻炎にCO2レーザーを完備、顔面神経麻痺のブロックも施行致します。
言いにくいことでも、安心してご相談下さい。何でもご相談できる病院を目指します。

《経歴》
昭和62年 川崎医科大学卒業
平成1年  岡山大学医学部 麻酔・救急部 入局
平成2年  香川労災病院 
平成4年  神戸市立西市民病院 耳鼻咽喉科
平成6年  KKR高松病院
平成8年  高知県立中央病院
平成10年 社会保険栗林病院勤務
平成14年 さくらい耳鼻咽喉科クリニック開業

ページの先頭へ戻る

診療のご案内

診療科目

耳鼻咽喉科

診療時間

診察時間》
平日  午前9:00〜12:30(土曜日9:00〜12:30)
     午後2:45〜6:15

休診日 日・祝・木曜日
 
 午前午後夜間午前午後夜間午前午後夜間午前午後夜間午前午後夜間午前午後夜間午前午後夜間
耳鼻咽喉科                        

備考

ページの先頭へ戻る

地図

〒761-8075  高松市多肥下町1549−1
TEL:087-815-3933

ページの先頭へ戻る

スタッフ紹介

スタッフ一同
スムーズな診察を行うために、いつから・どこに・どんな症状が・どのように起こったかをまとめて下さい。
お子様は体重によって薬の量が変わるので体重を量っておいて下さい。
他の病院でもらっているお薬の名前のわかる物をお持ち下さい。(お薬手帳・薬の説明書など)お持ちでない方はお薬を持って来て下さい。

初めての方へ
「健康保険証」を必ずお持ち下さい。
75歳以上の方は「後期高齢者医療被保険者証」をお持ち下さい。
高松市でお住まいの方で、「その他の医療証」をお持ちの方も忘れずにお持ち下さい。

ページの先頭へ戻る

施設紹介

バリアフリー
院内はすべてバリアフリーです。入口のスロープもなだらかな角度なので、車椅子の方も楽に登れます。

待合室
患者様とのコミュニケーションを大切にする院長が、院内全体を見渡せる間取りにしたそうです。患者様が来院すると、院長から患者様が見え、患者様からも診察室の院長の姿が見えます。

トイレ
車椅子でもご使用できるように、広々とした間取りです。洗面台も車椅子用に床から洗面台までの高さを広く取っています。

ベビーシート(トイレ内)
お子様連れの患者様も安心してご使用いただけます。

診察室
いつから・どこに・どんな症状が・どのように起こったかをお話下さい。

ティンパノメトリー
耳小骨筋反射検査や内耳機能検査を行います。鼓膜や耳小骨の振動(動き具合)をしらべる検査で、外耳の気圧を連続的に変化させながら、鼓膜の振動のしやすさを曲線で記録します。

標準純音聴力検査
「聞こえ」の程度を調べるもので、ヘッドフォンから聞こえてくる音が、どの程度聞こえるのかを調べるます。

聴力検査室
標準純音聴力検査を行うブースです。

CO2レーザー
鼻の粘膜を焼き、アレルギー鼻炎で起こる鼻づまりや鼻水を抑えます。鼻血の止血などにも効果的です。

内視鏡
先端のCCDカメラが耳や鼻の中の状態を映します。痛くはなくお子様も安心して検査が受けられます。

内視鏡モニター
現在の状態を患者様が確認することによって、安心して治療が受けられます。治療を嫌がるお子様もこの映像を確認すると安心するそうです。

レントゲン
耳、鼻のレントゲンを撮影します。

ネブライザー
霧状にした薬液を吸入する治療法で,鼻炎・副鼻腔炎および咽喉頭炎などの呼吸器疾患に使用します。

駐車場
医院横に18台の駐車場を完備しています。

ページの先頭へ戻る

Copyright © Anabuki medicalcare All rights Reserved.